上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日(--)  スポンサー広告TOP
うちの家の太陽光発電設備の2005年9月から2008年8月26日までの平均発電量をグラフにして、記事にしてみました。

うちの太陽光発電設備は三洋電機製の3.8KW。

参考までにうちの太陽光発電のシステム概要の詳細はこちら

各月の平均発電量は、

うちの太陽光発電設備の月間平均発電量

2005年9月  14.7kwh
2005年10月  11.5kwh
2005年11月  12.8kwh
2005年12月  9.1kwh
2006年1月  12kwh
2006年2月  11.8kwh
2006年3月  14.9kwh
2006年4月  14.4kwh
2006年5月  13.2kwh
2006年6月  13.8kwh
2006年7月  11.2kwh
2006年8月  16.9kwh
2006年9月  14.1kwh
2006年10月  14kwh
2006年11月  10.9kwh
2006年12月  9.7kwh
2007年1月  11.2kwh
2007年2月  14.7kwh
2007年3月  15.3kwh
2007年4月  16.6kwh
2007年5月  17kwh
2007年6月  14.9kwh
2007年7月  11.9kwh
2007年8月  15.9kwh
2007年9月  12.7kwh
2007年10月 12.7kwh
2007年11月 11.1kwh
2007年12月 9.3kwh
2008年1月  11.5kwh
2008年2月  14.1kwh
2008年3月  16.2kwh
2008年4月  16.6kwh
2008年5月  15.8kwh
2008年6月  13.5kwh
2008年7月  15.7kwh
2008年8月  15.8kwh



ベスト1は2007年5月の16.95kwhで、ワースト1は2005年12月の9.1kwでした。
例年発電量の少ない7月ですが、今年は雨が少なかったため、平均発電量も伸びました。


なお約3年間の総合的な平均発電量は、13.52kWhでした。

スポンサーサイト

今回のグラフは数日前に公開したうちのEライフプラン(三時間帯別電灯)のデイタイム@ホームタイムナイトタイムのグラフをひとつにまとめてみました。

三時間帯別使用電力の内訳と合計

やはりピークは冬場です。

うちで一番電気を使うエコキュートが寒い冬に冷たい水からお湯を沸かすのに電気をたくさん使ったからです。
ナイトタイムは電気代が安いからまだ良いんですけどね。

逆にデイタイムは太陽光発電の発電のおかげでほとんど使っていません。
ナイトタイムに集中して電気を使っていることもあるでしょう。

高い電気はなるべく使わず、安い電気をなるべく使う。

うちの電気の利用法です。


今日は、昨日のグラフをさらにバージョンアップしてみました。

月の収支の経過を出してみました。(言葉の表現がヘタです。)
つまり毎月の収支を足していってみました。(もっと分かりにくいか?)

中部電力との電力料金の売買実績

先月(2008年7月)までの収支は、

+15,957円


です。
2005年9月と10月の詳細が領収書紛失のためありませんでしたが、約3年(実質は2年と11ヶ月の35ヶ月)で、15,957円だから、1ヶ月450円程度貯金していることになる。

電気代がタダで、月に500円貯金している感じでしょうか・・・

右肩上がりのグラフになってくれるとうれしいですが、なかなかそうはいかないか・・・
今はまだ良いですが子供が大きくなってくると、右肩下がりのグラフになってしまいそうな気配があるので、今のうちに500円貯金をいっぱいしておかなくては

今日は、昨日公開したグラフの収支部分のみを棒グラフにしてみました。
内容は変わりませんが、スッキリして見やすいかなぁと・・・。

中部電力との電力料金の売買実績(月単位)

結果は昨日と同じです。

収支

 ベスト   2008年5月   3,816円

 ワースト   2007年7月  -3,520円


こうして見てみると、去年の夏から今年の春まで赤字続きだ。
今1歳半の長女が小さかったので、家に居る時間が長かったからだろうか・・・

今後はどうなることかなぁ。

このグラフも少し見にくいので、大きなバージョンも用意しました。
それはこちら

太陽光発電に関するグラフをこのところ毎日公開しているが、今回は月ごとの売電料金と買電料金と収支をひとつのグラフでまとめてみました。

棒グラフの上(水色部分)が売電・・・いわゆる収入
棒グラフの下(ピンク色部分)が買電・・・いわゆる支出
折れ線グラフが売電と買電の差・・・いわゆる収支

を表しています。

買電料金と売電料金と収支

収入の部

 ベスト   2008年5月   9,885円

 ワースト   2007年7月   4,034円


支出の部

 ベスト   2006年6月   -4,085円
 
 ワースト   2008年1月   -8,981円


収支の部

 ベスト   2008年5月   3,816円

 ワースト   2007年7月  -3,520円


という結果でした。

画面のレイアウト上、小さい画像を使っていますが、大きい画像はこちらで見えます。


うちが中部電力に電気を売っている単価をグラフにしてみました。
昨日の買電単価グラフの逆バージョンです。

このグラフは1kWhをいくらで売ったのかを表しています。

中部電力の売電単価

22円から24円の中で推移しています。


この記事を書いていて、ある事に気が付きました。

それは、中部電力の電力量料金単価の値上げです。

新聞などで記事になっていたけど、値上げは「燃料費調整額」でやっていたと思っていたが、以前の記事と比較して、詳細が分かりました。
それもついでに記事にしてみます。(僕の間違いかな?)

●中部電力のEライフプランの電力量料金単価の変更

  デイタイム(昼間時間)・・・・1kWhにつき 30.46円 ⇒ 31.43円
  @ホームタイム(軽負荷時間)・・・・同  20.31円  ⇒ 21.23円
  ナイトタイム(夜間時間)・・・・同 8.17円 ⇒ 9.33円

●中部電力の従量電灯A・B・Cの電力量料金単価の変更

  最初の120kWhまで・・・・1kWhにつき 16.01円 ⇒ 17.05円
  120kWhをこえ300kWhまで・・・・同 20.08円 ⇒ 21.09円
  300kWhをこえる・・・・同 21.51円  ⇒ 22.52円


話は元に戻って、売電単価の平均値は、

23.00円/kWh

でした。
昨日の記事にした買電単価14.73円/kWhなので、1kWhあたり8円くらい得しているということになるのだろうか・・・

実際に同じ電力量を売り買いした月でも、この単価の違いにより支出よりも収入が多いことがよくある。
オール電化+太陽光発電のメリットを受けていると感じている。

今後この単価はどのようになっていくのだろう・・・


うちが中部電力から電気を買っている単価をグラフにしてみました。
とはいうものの、基本はEライフプラン(三時間帯別電灯)であるため、基本の電力料金単価は

  デイタイム(昼間時間)・・・・1kWhにつき 31.43円
  @ホームタイム(軽負荷時間)・・・・同  21.23円
  ナイトタイム(夜間時間)・・・・同 9.33円

です。
3種類の時間帯の電力量を合計して、中部電力に支払った金額で割ってみました。

要するにこのグラフは単純に1kWhをいくらで買ったのかを表しています。

中部電力の買電単価

冬に安いナイトタイムの電気をより多く買っているため、単価は見た目では下がって見えます。

このグラフで何がしたかったかと言うと、平均するとどれくらいで買っているのか知りたかっただけです。
参考までにこれまでの平均値(全期間支払金額÷全期間購入電力量)は、

14.73円/kWh

でした。


ちなみに中部電力の従量電灯A・B・Cの電力量料金単価は、

  最初の120kWhまで・・・・1kWhにつき 17.05円
  120kWhをこえ300kWhまで・・・・同 21.09円
  300kWhをこえる・・・・同 22.52円

であるため、従量電灯よりは安く買えているようです。

ナイトタイムの電気の使用量をグラフにしてみました。
うちの電気の契約は中部電力のEライフプラン(3時間帯別電灯)。
そのうちのナイトタイムだけに使った電力量のグラフです。
期間は2005年の11月から2008年の7月まで。

なお中部電力の三時間帯の時間の内訳は、
  平日の場合
    デイタイムとは・・・・朝9時から夕方17時まで。
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から9時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。
  休日の場合
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から深夜23時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。

ナイトタイムは、深夜から朝までの時間帯で、エコキュートや電気温水器などの電気式の給湯器が稼動している時間です。

ナイトタイムの使用電力量

これはやはり冬場にピークが来ています。

最高は、2008年1月の455kWh。

冬場にエコキュートでお湯を沸かす時に、気温が低いのでより電気のエネルギーを使っている証拠です。

参考までに中部電力のEライフプランの電力量料金単価は、

  デイタイム(昼間時間)・・・・1kWhにつき 31.43円
  @ホームタイム(軽負荷時間)・・・・同  21.23円
  ナイトタイム(夜間時間)・・・・同 9.33円

となっています。

ちなみに中部電力の従量電灯A・B・Cの電力量料金単価は、

  最初の120kWhまで・・・・1kWhにつき 17.05円
  120kWhをこえ300kWhまで・・・・同 21.09円
  300kWhをこえる・・・・同 22.52円

なので、ナイトタイムの単価は従量電灯の電力料金単価の半分くらいの単価で買えます。
つまりEライフプラン(三時間帯別電灯)の電力契約をしている家庭、つまりオール電化の家庭はこの時間帯の電気をいかに効率よく利用するかが電気代を安くするポイントとなっています。

うちはなるべくこの時間帯に、洗濯したり、お茶を沸かしたり、食器を洗ったりしています。
っていっても嫁がやっているのですが・・・。

デイタイムの電気使用量をグラフにしてみました。
うちの電気の契約は中部電力のEライフプラン(3時間帯別電灯)。
そのうちの先日の@ホームタイムに続き、デイタイムだけに使った電力量のグラフです。
期間は2005年の11月から2008年の7月まで。

なお中部電力の三時間帯の時間の内訳は、
  平日の場合
    デイタイムとは・・・・朝9時から夕方17時まで。
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から9時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。
  休日の場合
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から深夜23時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。

デイタイムは、平日の昼間で、家族が学校や仕事場に行き、家にいない時間という意味のようです。

デイタイムの使用電力量

うちにはまだ一歳の子供がいるので、嫁も家にいることが多い。
そういった生活も多少影響してくるのだろうか。
去年の夏はやはり猛暑の影響で、エアコンの稼働時間が長かったようだ。

と言っても、最高で44kWh。

実際にはもっと使っていただろうが、その分は太陽光発電で発電した電気を使っていたのだろう。



参考までに中部電力のEライフプランの電力量料金単価は、

  デイタイム(昼間時間)・・・・1kWhにつき 31.43円
  @ホームタイム(軽負荷時間)・・・・同  21.23円
  ナイトタイム(夜間時間)・・・・同 9.33円

となっています。

ちなみに中部電力の従量電灯A・B・Cの電力量料金単価は、

  最初の120kWhまで・・・・1kWhにつき 17.05円
  120kWhをこえ300kWhまで・・・・同 21.09円
  300kWhをこえる・・・・同 22.52円

なので、デイタイムの単価は従量電灯の電力料金単価よりも1.5倍くらい高い単価の電気を買っていることになります。
オール電化の家庭は、いかにこの高い単価の電気を買わないようにするかが電気代を抑えるポイントになります。

つまり太陽光発電設備を導入する。(でも簡単に導入できないか)

オール電化で太陽光発電設備がない家庭は、電気代どれくらい行くのだろう・・・
ちょっとした個人的な疑問だ。
今度調べてみよう。

@ホームタイムの電気の使用量をグラフにしてみました。
うちの電気の契約は中部電力のEライフプラン(3時間帯別電灯)。
そのうちの@ホームタイムだけに使った電力量のグラフです。
期間は2005年の11月から2008年の7月まで。

なお中部電力の三時間帯の時間の内訳は、
  平日の場合
    デイタイムとは・・・・朝9時から夕方17時まで。
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から9時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。
  休日の場合
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から深夜23時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。

@ホームタイムは、平日の朝・夕と、休日の起きてから寝るまでの時間で、家族みんなが家にいる時間という意味のようです。

@ホームタイムの使用電力量のグラフ

年間を通して、毎月150kWh程度使っています。
去年の夏は暑かったので、エアコンの使用量が多かったのかちょっと頭が飛び出していますが、まぁ仕方ないでしょう。

参考までに中部電力のEライフプランの電力量料金単価は、

  デイタイム(昼間時間)・・・・1kWhにつき 31.43円
  @ホームタイム(軽負荷時間)・・・・同  21.23円
  ナイトタイム(夜間時間)・・・・同 9.33円

となっています。

ちなみに中部電力の従量電灯A・B・Cの電力量料金単価は、

  最初の120kWhまで・・・・1kWhにつき 17.05円
  120kWhをこえ300kWhまで・・・・同 21.09円
  300kWhをこえる・・・・同 22.52円

なので、@ホームタイムの単価は従量電灯の電力料金単価とほぼ同じです。

うちの太陽光発電設備の月間発電量をグラフにしてみました。
期間は家ができて(2005年9月)から先月(2008年7月)までの2年と11ヶ月分です。
あと2週間ちょっとで3年分にになるのだけど、その頃記事にできないかもと思い、仕事が休みの盆休みに記事を書いてみました。

月間発電量(2005年9月~2008年7月)

これまでの最高発電量記録は、

2007年5月の525.6kWh。

逆に最低発電量記録は、

2005年12月の282kWh。
今後は最高記録は更新して、最低記録は更新しないように太陽光パネルには頑張ってもらいたいものである。

こうやって見ると、やはり春先が発電量は伸びるようである。
発電量のデイリーランキングのトップ5は3月から5月で占領されている。

逆にワースト5は12月から2月。

先月(2008年7月)は例年よりもかなり発電量が良かったようだ。
雨が本当に降らなかったからなぁ・・・
地球温暖化のせいだろうか・・・

中部電力から毎月来ている電気の使用量をグラフにしてみました。
うちの電気の契約は中部電力のEライフプラン(3時間帯別電灯)。
以前にうちの電気使用量内訳という記事で月毎の合計の使用量のグラフを公開しました。

今回はデイタイムの記事ナイトタイムの記事、に引き続き@ホームタイムだけの使用量をグラフにしてみました。
期間は2005年の11月から2007年の12月まで。

なお中部電力の三時間帯の時間の内訳は、
  平日の場合
    デイタイムとは・・・・朝9時から夕方17時まで。
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から9時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。
  休日の場合
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から深夜23時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。


@ホームタイムの電気使用量グラフ


若干夏場の使用量が大きい。
@ホームタイムの時間帯のエアコンによる電力の消費によるものだ。
特に今年の夏は暑かったし・・・。

単価的には一般の契約である従量電灯とほぼ同じ。
イニシャルコストが安ければ、エアコンも氷蓄熱型のエアコンにしたいところだ。

エコキュートからの排熱を室内の空調(冷房)に利用できる安価なシステムでも開発されないか・・・
冷蔵庫、エコキュート、エアコン、衣類乾燥機などヒートポンプの住宅用の統合システムの開発・・・
もちろん一般庶民の手に届く価格のものができるといいのだが・・・


(参考)
中部電力のEライフプランの電力量料金単価

  デイタイム(昼間時間)・・・・1kWhにつき 30.46円
  @ホームタイム(軽負荷時間)・・・・同  20.31円
  ナイトタイム(夜間時間)・・・・同 8.17円

中部電力の従量電灯A・B・Cの電力量料金単価

  最初の120kWhまで・・・・1kWhにつき 16.01円
  120kWhをこえ300kWhまで・・・・同 20.08円
  300kWhをこえる・・・・同 21.51円





中部電力から毎月来ている電気の使用量をグラフにしてみました。
うちの電気の契約は中部電力のEライフプラン(3時間帯別電灯)。
以前にうちの電気使用量内訳という記事で月毎の合計の使用量のグラフを公開しました。

今回はデイタイムの記事に引き続きナイトタイムだけの使用量をグラフにしてみました。
期間は2005年の11月から2007年の12月まで。

なお中部電力の三時間帯の時間の内訳は、
  平日の場合
    デイタイムとは・・・・朝9時から夕方17時まで。
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から9時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。
  休日の場合
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から深夜23時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。


ナイトタイムの電気使用量グラフ


三時間帯の中で、最も電力を使用する時間帯。
一年の中では冬季が一番使用量が多い。

その理由はエコキュートの消費電力量によるものだ。
風呂に入らないわけにはいかないので、別の記事でも書いたけど設定を変更して節約するようにしている。

ただ電力量単価がかなり低く抑えられているので、このナイトタイムの時間帯にできることは
やるようにしている。
洗濯機、食器洗浄器、乾燥機、お茶を沸かすなどなど・・・

(参考)
中部電力のEライフプランの電力量料金単価

デイタイム(昼間時間)・・・・1kWhにつき 30.46円
@ホームタイム(軽負荷時間)・・・・同  20.31円
ナイトタイム(夜間時間)・・・・同 8.17円




中部電力から毎月来ている電気の使用量をグラフにしてみました。
うちの電気の契約は中部電力のEライフプラン(3時間帯別電灯)。
以前にうちの電気使用量内訳という記事で月毎の合計の使用量のグラフを公開しました。

今回はまずデイタイムだけの使用量をグラフにしてみました。
期間は2005年の11月から2007年の12月まで。

なお中部電力の三時間帯の時間の内訳は、
  平日の場合
    デイタイムとは・・・・朝9時から夕方17時まで。
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から9時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。
  休日の場合
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から深夜23時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。


デイタイムの電気使用量グラフ


2007年の使用量が少し多くなっているが、全体的に少ない使用量で抑えられている。
太陽光発電による発電で、この時間帯の電力をまかなえているということか・・・

今年の夏は猛暑の影響でエアコンの使用が増えたこと、一番下の子が先月1歳になったということもあり、家の中にいる生活リズムになっているということで2007年のデイタイムの使用量が増えたようだ。
デイタイムの高い単価の電気をなるべく使わないようにしたいものだ。

(参考)
中部電力のEライフプランの電力量料金単価

デイタイム(昼間時間)・・・・1kWhにつき 30.46円
@ホームタイム(軽負荷時間)・・・・同  20.31円
ナイトタイム(夜間時間)・・・・同 8.17円




中部電力から毎月来ている電気の使用量をグラフにしてみました。
うちの電気の契約は中部電力のEライフプラン(3時間帯別電灯)。

グラフから分かるようにデイタイムはほとんど使っていません。
太陽光発電設備で発電されるものでまかなえているということと、昼間に電気を使う負荷が少ないということもある。

最大が2005年1月、最小が2005年6月という結果でした。

エコキュートで使う電気使用量がうちの電気料金を左右している。
その次が夏場のエアコン。
今年は特に暑かったからなぁ・・・




なお三時間帯の時間の内訳は、
  平日の場合
    デイタイムとは・・・・朝9時から夕方17時まで。
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から9時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。
  休日の場合
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から深夜23時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで

三時間帯別使用電力の内訳と合計



太陽光発電設備に関するグラフということで今度は電力会社(中部電力)の売電単価の変動をグラフにしてみました。
売電単価とは、太陽光発電設備により発電した電気を自分の家で消費されなかった時に、余剰電力を電気の引込線介してを中部電力に売る電力の1kwhあたりの単価の事です。

約2年分の売電単価は23円前後で少しずつ変動していて、平均単価は22.87円でした。

ちなみに毎月の売電単価については、うちの太陽光発電設備の売買実績カテゴリに詳細が載っています。
毎月の中部電力の請求書、領収書が来る20日頃に毎月最新の結果も報告しています。


電力会社(中部電力)の売電単価変動グラフ


23.19円(2005年11月~12月)
 ↓
23.62円(2006年1月~3月)
 ↓
23.01円(2006年4月)
 ↓
22.51円(2006年5月~12月)
 ↓
22.84円(2007年1月~3月)
 ↓
22.86円(2007年4月~6月)
 ↓
22.79円(2007年7月~9月)
 ↓
22.97円(2007年10月~11月)
 ↓
???

23.62円(2006年1月~3月)が最高値、22.51円(2006年5月~12月)が最安値といったところでしょうか。
売電単価が高いに越したことはないが、そうなると必然的に買電単価も上がる。

うちは今のところの電気の発電量と使用量を考えた場合、電気代が上がるとうれしいほうなのだが・・・

参考までにうちの電灯契約は単相三線式のEライフプラン(3時間帯別電灯)
契約容量は、6kVA。
電力会社は中部電力。

Eライフプランの使用料金単価は、

デイタイム(昼間時間)・・・・1kWhにつき 30.46円
@ホームタイム(軽負荷時間)・・・・同  20.31円
ナイトタイム(夜間時間)・・・・同 8.17円


(注)三時間帯の時間の内訳
  平日の場合
    デイタイムとは・・・・朝9時から夕方17時まで。
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から9時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。

  休日の場合
    @ホームタイムとは・・・・朝の7時から深夜23時まで。
    ナイトタイムとは・・・・深夜23時から翌朝7時まで。



うちの家が建ってから今年の9月で2年が経ちました。
それとともにうちの太陽光発電設備の発電量のデータも集まってきたので、2005年9月から2007年8月までの2年分のデータをグラフ化してみました。

うちの太陽光発電設備は三洋電機製の3.8kWのもの。
参考までに詳細はこちら→うちの太陽光発電システム概要

2年分発電量グラフ(2005年9月から2007年8月)



1月平均 360.2kwh
2月平均 371.6kwh
3月平均 468.3kwh
4月平均 465.3kwh
5月平均 467.8kwh
6月平均 430kwh
7月平均 358.3kwh
8月平均 507.7kwh
9月平均 357.9kwh
10月平均 395.1kwh
11月平均 355kwh
12月平均 292kwh

天候の良い季節ということもあり8月が最高で、12月が最低でした。
7月は梅雨の影響でなかなか伸びていない。
ちなみに月間発電量なので、ちょっと2月は不利(28日しかないので)。

夏至(6月21日頃)の影響なのか月間発電量では2007年5月がトップでした。
逆に冬至(12月22日頃)の影響で2005年12月がワーストでした。

また他の視点でグラフ作ってみます。
興味ある人はまた見て下さい。

Top

taiyo主要記事
taiyoカテゴリー
taiyoGoogle検索
カスタム検索
管理ページ
taiyoフリーエリア



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。